犬がアトピーになってしまうのを予防しよう!原因と対策法

犬のアトピーの原因は複数存在しています。アトピーになる原因を理解したうえで、健康に過ごすことができるように対処していきましょう。

フードに含まれている添加物が原因

犬が食べるフードによって、たくさんの添加物が含まれている場合があります。ホームセンターやスーパーで販売されているドッグフードは安く購入することができますね。

ただ、安いということはたくさんの添加物を使っている可能性が高くなるのです。安いドッグフードだと、質の低い原材料を使っているため臭い消しや色味を付けるために様々な添加物を配合しています。

キケンな添加物

  • エトキシキン(保存料・酸化防止剤)
  • BHA(保存料・酸化防止剤)
  • BHT(保存料・酸化防止剤)
  • ロピレングリコール(保湿・制菌→ウェットタイプに多い)
  • 亜硝酸ナトリウム(防腐剤)
  • ソルビン酸カリウム(防腐剤)
  • グリシリジン・アンモニエート(甘味料)
  • 没食子酸プロピル(酸化防止剤)
  • 着色料
  • 合成調味料

引用記事「愛犬にあわせた安全なドッグフードの選び方 – WANKO

毎日、添加物どっさりのフードを食べていると、免疫機能がくるってしまいアトピーを発症させる原因になります。フードを与えるなら、添加物が少ないものを購入してみましょう。

ペットショップでワンちゃんを購入するときの注意

ペットショップを利用してワンちゃんを購入するとき、注意したい点も存在しています。

まず、あまりにも親犬から早く引き離してしまうとアトピーを発症しやすくなります。親と十分な期間一緒にいることができないと、母乳を飲む機会も少なくなってしまいますね。その結果、免疫機能のバランスが悪くなってしまいアトピーになってしまうのです。

ワンちゃんをペットショップで購入するときには、親の元で十分な期間育った個体を選びましょう。

ストレスをかけないように気を付ける

ワンちゃんがアトピーになってしまう原因として、ストレスが存在しています。

常にストレスを感じるようになると、体の機能もおかしくなってしまいますね。散歩に連れて行ってもらえなかったり、怒られる機会が多いと、ワンちゃんがストレスでアトピーを発症してしまう可能性が高くなります。

アトピーを防止するためにも、毎日散歩させることや理不尽に怒らないように気をつけましょう。

まとめ

ワンちゃんがアトピーになってしまう原因はいろいろと存在しています。アトピーを予防するためにも、原因の解消を心がけましょう。