可愛い飼い犬のための暑さ対策をしっかりと行いましょう

犬は犬種にもよるのですが基本的に毛深い動物ということになります。ですから、暑さには弱いことにになりますから、飼い主さんはその点を考慮してしっかりとわんちゃんのために様々な対策をするべきとなります。異常気象というほどでもないですが最近では日本でも35℃以上が当たり前になっているようなところも多いので犬もしっかりと暑さ対策をしないと熱中症になってしまうのです。その対策をいくつか紹介します。

日陰を作ってあげる

室内飼いであれば気にすることもないのですが外で飼っている場合はさすがに多くの日陰を作ってあげるということだけでもそれなりに暑さ対策として利用できます。普通、小屋のあるでしょうから犬も暑ければそこに行くでしょうが風通しが小屋ではよくないことも多いです。ですから意識的に風通しの良いところに日陰ができるように配慮してあげるということが犬にとっても大事になります。

ウォーターベッド

犬用のウォーターベッドのようなものがありますのでそういうもので涼を求めるようにしやすくしてあげるということも飼い主としてはやってあげたいところでしょう。ただしあまりそういうのに乗ることが好きではない犬もいますのでせっかく買ったのに無視して隣の芝生に寝てしまうという犬もいますのでその点は覚悟しておきましょう。涼しいとわかれば座るようになる事もあるでしょうから意識的にそこまで抱っこして連れて行き、乗せる、ということをするのもよい方法です。

クーラーの効いた部屋へ

犬にクーラーの効いた部屋などと思うかもしれませんが、熱中症になって具合が悪くなるよりは遥かにマシですから、場合によっては玄関先先に、ということでもいいので外飼いの犬を家の中に入れると言う事が一つの挨拶として存在しています。特に出かけたりするときなどに見ることができない時間が長くなる場合においては、そういうやり方で犬を守るのは飼い主に勤めめの一つと言えるでしょう。

まとめ

犬は物凄く毛深いわけですし、汗をかくことが殆どできず、体温調整は基本的に肉球か、舌で、ということになります。人間ほど体温調整を自分でするということにはできない動物になりますから暑さ対策は人間がやってあげるということが基本になります。