原材料をチェックして、安心安全なドッグフードを選びましょう!

みなさんは、かわいい愛犬にどんなものを食べさせていますか?

最近では、たくさんの種類が売られているドッグフードですが、原材料を意識したことはありますか?

実は、知らずに食べさせていると危険な原材料もあるのです。今回は、そんなドッグフードの原材料についてまとめてみました。

ドッグフードに含まれている危険な原材料とは?

ドッグフードと一言で言っても、私たちが食べるような食材をふんだんに使った品質の高いものから、着色料や保存料などの食品添加物を使って口当たりを良くしてあるだけの品質の低いものまで様々です。

そこで、より安全性の高いドッグフードを選ぶために、次にあげるような犬の身体に悪影響を与える可能性のある原材料が入っているかチェックしてみましょう。

トウモロコシ

トウモロコシは消化があまりよくないため、消化器官に大きな負担がかかってしまいます。また、アレルギーが出る可能性もあります。

ビートパルプ

ビートパルプとは、サトウダイコン(テンサイ)の葉と搾りかすのことです。サトウダイコンは、砂糖の原材料で、砂糖を搾り取る際に、硫酸系の薬品が使用されることがあります。薬品がビートパルプに残っていると、犬の身体に影響する可能性があります。

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

ドッグフードの品質を保つために使われている酸化防止剤の一種です。発がん性が指摘されています。

お肉の品質に注意!

ドッグフードに必ず入っていると言っても過言ではないのが、お肉です。お肉は体を作る大事な栄養なので、しっかりと摂取してほしい食材ですね。しかし、使われているお肉の品質が悪いドッグフードもあるのです。

「~ミート」や「~エキス」「~パウダー」といった表記がる場合、私たちが考えるお肉とは異なるものが使われている可能性があります。

4Dミート

DEAD 死亡した動物の肉
DYING 死にかけの動物の肉
DISABLED 障害のある動物の肉
DISEASED 病気の動物の肉

“粗悪な”というのはこのようなお肉(たんぱく質)のことを指します。

病気があった動物の肉なので、さまざまな病原菌が含まれている心配があります。

そうしたものがそのままドッグフードに残ってしまい、体調不良や病気につながってしまうことが考えられます。品質の低い商品には、こうしたお肉が使われている可能性があります。

おすすめのドッグフード5つを比較!安心と安全で選んだランキング5選

安全安心のドッグフードを選ぶには?

安全なドックフードを選ぶために、まずは、原材料をきちんとチェックしましょう。人間が口にしても大丈夫な食材を使っていて、無添加のものであれば、とても安全です。

安価なドッグフートもたくさん売られていますが、安くするために心配な原材料が使われている場合も少なくありません。

食事は毎日のことですので、かかる費用を抑えたいとこではありますが、かわいい愛犬のために、原材料をチェックして安全なものを選んでくださいね。